入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト 趣味系 > 地元に帰ると誰かに遭遇するのではと外出中挙動不審なのは、私的話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

地元に帰ると誰かに遭遇するのではと外出中挙動不審なのは、私的話

来週4月1日は入社式なので
3月30日まで実家、鳥取に帰省中。
学生生活最後ののんびりした時間、人生最後の余暇(大げさか笑)、を過ごしてます。
毎日美味しい料理を作ってくれる母親に、ただただ感謝です。

で、話を変えて、会社から「覚えてきてね」と言われ、会社のカタログを眺めてもいまいち何処を覚えていいのか要領が掴めず放り投げ、研修中に教えれよ!と思いつつ
地元の友達に連絡するのも今更ながら、時期的に、私の音信不通な過去もあり、億劫な気がしたので、
車を借り出しTUTAYAさんから映画数本を借り、鑑賞をすることに
以下映画と感想について

『キリング・フィールズ 失踪地帯』


刑事マイクと相棒のブライアンは、連続して発生した少女の失踪と殺人事件の捜査にあたっていたが、その矢先にブライアンが気にかけていた心に傷を抱えた少女アンも失踪してしまう。アンが事件に巻き込まれたと直感した2人は、犯罪が多発することで「キリング・フィールド(殺人地帯)」と呼ばれる危険地帯へと向かう。(※Wikipediaより抜粋)

クロエ・グレース・モレッツちゃん目当てで鑑賞。
クロエちゃんの時折見せる切なげな表情と中指立てるシーンが見所かなぁっと。

そういえば
TUTAYAさんのDVDを新作・準新作・旧作に振り分けてるアレって、店舗事に自由に決めてるのかな?
東京、中野のTUTAYAさんだと、中野駅前店”準新作”扱いの場合、早稲田通り店だと”旧作”扱いだったりして、たまに店舗を渡り歩いたりってことがあったり
『キリング・フィールズ 失踪地帯』も東京で観たいなー、でも準新作かぁって思ってたら、鳥取だと旧作扱いだったし
まぁ、基本旧作100円7泊8日しか借りない私だから気になるコト。
2013-03-27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。